牛肉や豚肉をキウイで柔らかくする方法と理由とは?

おいしく食べたい料理・食品知識





牛肉,豚肉,キウイ,柔らかくする方法,理由

 

牛肉や豚肉は料理に使いやすいお肉です。

しかし中には固いものもあるため、柔らかくして食べたいと考える人も多いです。

そんな固くて食べにくい牛肉や豚肉は、キウイを使って柔らかくする方法があります。

そこで『キウイを使って牛肉や豚肉を柔らかくする方法や柔らかくなる理由』についてまとめました。

柔らかくなる理由を知った上で、牛肉や豚肉を柔らかくする方法を実践してみましょう。

 

【スポンサーリンク】

牛肉や豚肉は料理に使いやすい!

お肉には様々な栄養が豊富に含まれています。

そしてジューシーな味わいがあるため、多くの人から人気があります。

そんなお肉は料理に使いやすいものとなっています。

そのため料理に牛肉や豚肉を使う人は多いです。

しかし牛肉や豚肉は値段の幅が広いです。

家族が多い場合や食べ盛りの子どもがいる場合には、高価なお肉ばかりを購入するのは大変です。

そのため比較的、安い値段で販売されている牛肉や豚肉を購入する人が多いです。

しかし比較的、安い値段で販売されているお肉は筋が多かったり、調理すると固くなってしまうことが多いです。

そのため柔らかくして調理したいと考える人が多いです。

実は固くなってしまう牛肉や豚肉は、調理をする前に工夫を行うことで柔らかくすることができます。

牛肉や豚肉を柔らかくして食べたい場合には、実践してみてください。

 

固い牛肉や豚肉を柔らかくする方法

加熱を行ったことで固くなってしまう牛肉や豚肉は、調理を行う前に工夫を行うことで柔らかくすることができます。

そして実は柔らかくする方法には、いくつかの種類があります。

その中でもオススメの方法は、キウイを使ったものです。

準備をするものは調理をしたいお肉とキウイです。

まずキウイを洗ってから皮を剥きます。

使う部分は剥いた皮なので、キウイの果肉は食べましょう。

そして剥いた皮の果肉がついた部分でお肉をこすり、30秒ほどお肉を揉んだら完成です。

この方法だけでも柔らかく仕上げることができます。

しかし中には、もっと柔らかく仕上げたいと考えている人もいます。

そんなときにはキウイの果肉を使用します。

まずキウイを洗ってから皮を剥きます。

そしてキウイの果肉を摩りおろします。

この擦りおろした果肉に調理したいお肉を漬け込み、1〜2時間ほど冷蔵庫に入れておきます。

これだけでお肉を柔らかくすることができます。

調理をしたいお肉の厚さや大きさによって漬け込む時間が異なってくるので、様子を見ながら調整するようにしましょう。

そしてキウイに漬け込んだお肉を調理する際には、まず擦りおろしたキウイを丁寧に取り除きます。

そのあとは普段の調理と同じように焼いたりして味付けをします。

多少の手間はありますが、これだけでお肉を柔らかく仕上げることができます。

普段よりも柔らかく仕上がるので美味しく感じやすくなります。

実践してみてください。

 

【スポンサーリンク】

なぜキウイを使ったら柔らかくなるの?

牛肉や豚肉はキウイを使用することで簡単に柔らかくすることができます。

しかし、なぜ柔らかく仕上がるのか理由が分からない場合には、不安を感じる人も多いです。

なぜキウイを使うと牛肉や豚肉が柔らかく仕上がるのか知ってみましょう。

実はキウイの果肉には、タンパク質を分解する酵素が豊富に含まれています。

このタンパク質を分解する酵素は、お肉を柔らかくする働きがあります。

そのためキウイの果肉でお肉をこすったり、キウイの果肉にお肉を漬け込むことで、固くなる原因のタンパク質を分解することができます。

その結果、お肉を加熱調理しても柔らかく仕上がることができるのです。

キウイを使用してお肉を柔らかくする方法は、簡単に行えます。

そのため、どんな人も気軽に実践できるものとなっています。

お肉を柔らかく仕上げたいときには試してみましょう。

 

お肉を柔らかくする際の注意点

キウイを使ってお肉を柔らかくする場合には、いくつかの注意点があります。

まず1つ目の注意点は、漬け込む時間についてです。

キウイの果肉にお肉を漬け込む場合には、お肉の厚さや大きさによって漬け込む時間が異なります。

もし長時間漬け込んだ場合には、お肉が柔らかくなり過ぎてしまう可能性があります。

お肉を柔らかくし過ぎた場合には、お肉を食べた満足感を得られにくくなってしまうため注意が必要です。

様子を見ながら漬け込む時間を調節しましょう。

そして2つ目の注意点は、焼くときについてです。

実はキウイの果肉は焦げやすいものとなっています。

そのため、お肉にたくさんの果肉がついた状態で調理した場合には、お肉が焦げてしまう可能性があります。

柔らかく仕上げたお肉を美味しく食べるためにも、お肉についた果肉はしっかりと取り除いてから加熱調理を行うようにしましょう。

 

牛肉や豚肉をキウイで柔らかくする方法と理由についてのまとめ

牛肉や豚肉は料理に使いやすい食材なので、頻繁に使う人が多いです。

そんな牛肉や豚肉は、加熱調理を行うことで固くなりやすいです。

特に比較的安い値段で販売されているお肉は固くなりやすいです。

しかし家族が多い人や食べ盛りの子どもがいる人の場合には、家計を圧迫してしまうため高い値段で販売されているお肉ばかり買うのは厳しいです。

そんな固くなりやすい安いお肉は、調理をする前にキウイの果肉がついた皮で擦ったり、擦りおろしたキウイの果肉につけておくことで柔らかく仕上げることができます。

これはキウイの果肉に含まれている酵素が深く関係しています。

実はキウイの果肉には、タンパク質を分解する酵素が含まれています。

この酵素がお肉のタンパク質を分解することで、加熱調理しても柔らかく仕上げることができるのです。

比較的安い値段で販売されているお肉を柔らかく仕上げたい場合には、キウイを使ってみましょう。

しかしキウイを使って下準備を行う際には、お肉が柔らかくなり過ぎてしまう場合があります。

擦りおろしたキウイの果肉に漬け込む際には、様子を見ながら漬け込む時間を調節するようにしましょう。

そして調理をする際にはキウイの果肉をしっかりと取り除く必要があります。

キウイの果肉がついたまま調理を行なってしまった場合には、お肉が焦げてしまう可能性が高いので注意しましょう。

キウイを利用して美味しくて柔らかいお肉料理を作ってみてください。

 

【スポンサーリンク】

こちらの記事も読まれています。