たけのこのあく抜きが簡単にできる重曹を使う方法とは?





たけのこ,あく抜き,方法,簡単,重曹

 

春に旬を迎えるたけのこは、優しい味と食感が楽しめる野菜となっています。

そのため春にはたけのこを食べる人が多いです。

そんなたけのこは、あく抜きを行わないと食べることができません。

しかしたけのこのあく抜きは手間がかかるので、面倒だと感じる人が多いです。

そんな手間のかかる筍のあく抜きは、重曹を使うことで簡単に行えます。

そこで『たけのこのあく抜きを簡単に行う重曹を使った方法について』まとめました。

重曹を使った方法で簡単にあく抜きを行なって、美味しくたけのこを食べてみましょう。

 

【スポンサーリンク】

たけのこは人気のある野菜です

春になって暖かくなると、色々な野菜が旬を迎えます。

そんな旬を迎える野菜の中の1つに「たけのこ」があります。

たけのこは季節を感じられるだけでなく、優しい味と食感が楽しめます。

そのため春になるとたけのこを食べる人は多いです。

しかし、たけのこはあくが強い野菜なので、調理をする前にはあく抜きを行わないと食べることができません。

たけのこを美味しく食べるために、あく抜きを上手に行ってみましょう。

しかし、あく抜きは手間や時間がかかるものとなっています。

そのため面倒だからたけのこを食べたくないと考えている人もいます。

そんな手間や時間がかかるたけのこのあく抜きは、簡単に行える方法もあります。

一般的なあく抜きの方法が面倒だと感じた場合には、簡単に行える方法を実践してたけのこを楽しんでみましょう。

 

一般的なあく抜きの方法

たけのこはあくが強い野菜なので、調理をする前にはあく抜きをする必要があります。

そんなたけのこのあく抜きは、米ぬかを使う方法が一般的とされています。

そして準備するものはたけのこ、米ぬか、水、大きな鍋です。

まずたけのこをよく洗います。

泥が入り込んでいることが多いので、しっかりと擦りながら洗いましょう。

そしてたけのこの先を斜めに切り落とします。

もったいないと思う人もいるのですが、たけのこの先はあくが強い部分となっています。

切り落とすのを忘れないようにしましょう。

次に火の通りを良くするために、筍の真ん中に切り込みを入れます。

そのあとはたけのこを鍋に入れて、浸る程度の水を注ぎます。

この時に米ぬかも一緒に入れましょう。

米ぬかの量は、たけのこ一本につき一掴みと覚えておきましょう。

そして水が沸騰するまで強火で煮ていきます。

沸騰したあとは弱火にして1時間程煮ましょう。

竹串がスッと通れば完成です。

しかし、まだあくが残っている場合が多いので、一晩はこのまま浸けておくようにしましょう。

これでたけのこのあく抜きは完成です。

 

【スポンサーリンク】

重曹を使うと簡単にあく抜きができます!

たけのこのあく抜きを行う際には、米ぬかを使用する方法が一般的となっています。

しかし手間や時間が掛かるので、面倒だと感じる人が多いです。

さらに、あく抜きで使用する米ぬかがなかった場合には困ってしまう人が多いです。

そんな面倒なあく抜きは、重曹を使用することで簡単に行えます。

米ぬかがない場合や簡単にあく抜きを行いたい場合には試してみましょう。

準備するものは筍、重曹、水、大きな鍋です。

重曹は食用のものを使用してください。

まずは鍋に水と重曹を入れて火にかけておきます。

重曹の量は水1Lに対して、重曹小さじ1となっています。

鍋の大きさに合わせて、水と重曹を入れましょう。

ちなみに重曹を入れ過ぎてしまった場合にはたけのこの色が変わってしまうので注意しましょう。

そしてたけのこは一般的なあく抜きと同じように、泥を落とす為に洗っていきます。

洗えたあとはあくの強い筍の先を切り落として、真ん中に切り込みを入れます。

そして鍋の水が沸騰したら筍を入れて、落とし蓋をします。

10分から20分ほど茹でると柔らかくなってきます。

竹串がスッと通るぐらいの柔らかさになったら出来上がりです。

重曹であく抜きを行った場合には、茹でた後に一晩漬けたりしなくても調理可能となっています。

そのため茹で上がった直後に調理をすることができるので、時間を短縮することができます。

早く食べたい場合には実践してみましょう。

さらに重曹であく抜きを行った場合には、茹でた水をそのまま流しても詰まってしまうことはありません。

片付けも楽なので、手間が掛かりません。

簡単に筍のあく抜きを行いたい場合には、重曹を使用してみましょう。

 

あく抜きをした筍の保存方法は?

筍は収穫をしたあと早めにあく抜きを行わないと、えぐみが強くなってしまいます。

その為、早めにあく抜きを行う人が多いです。

そしてたけのこのあく抜きは面倒なので、一度にまとめて行う人が多いです。

しかし、あく抜きを行ったたけのこをどのように保存したら良いか分からなくて悩んでしまう人もいます。

正しい保存方法についてまとめたので、実践してみてください。

まず1つ目の保存方法に、冷蔵保存があります。

冷蔵保存する際には、あく抜きした筍と水をタッパーに入れて行います。

たけのこが入る大きさのタッパーを準備しておきましょう。

そして冷蔵保存を行う場合には、たけのこのあくが水に出てくるため毎日水を変える必要があります。

忘れないように気をつけましょう。

冷蔵保存をしていた場合には、1週間ほど保存することが可能となっています。

しかし味も落ちてくるので2〜3日で食べきるようにしましょう。

そして2つ目の保存方法に、冷凍保存があります。

冷凍保存する際には、たけのこを薄く切ってジップロックなどの保存袋に入れて行います。

たけのこを大きく切って保存をするとスが入ってしまうので、薄く切るようにしましょう。

そして冷凍保存しておいた筍は、解凍せずにそのまま調理することで美味しく食べられます。

冷凍保存をしていた場合には、2週間から1ヵ月ほど保存することが可能となっています。

しかし冷凍保存は霜が付いてしまうと、味が落ちてくるので早めに食べきるようにしましょう。

 

たけのこのアク抜きに関するまとめ

たけのこのあく抜きは、米ぬかを使用して行う方法が一般的となっています。

しかし米ぬかを使用した方法は手間や時間が掛かるため、面倒だと感じる人が多いです。

そんな手間や時間が掛かるたけのこのあく抜くは、食用の重曹を使用して行うことで手間や時間を掛けずに行うことができます。

簡単にたけのこのあく抜きを行いたい場合には、重曹を使用した方法を試してみましょう。

そして、あく抜きを行った筍は冷蔵保存や冷凍保存をすることが可能となっています。

早めに使い切る予定の場合には冷蔵保存、少し長めに保存したい場合には冷凍保存を行うようにしましょう。

簡単にたけのこのあく抜きを行って、春の味覚を楽しんでみましょう。

 

【スポンサーリンク】

こちらの記事も読まれています。