赤ちゃんの頭が大きいのは病気なの?それとも頭が良くなる証拠?

スクスク子育て知識





赤ちゃん,頭,大きい,病気,良くなる,証拠

 

赤ちゃんは身体が小さくて、頭が大きいものです。

しかし周りの赤ちゃんと比べて、我が子の頭が大きいと病気なのでは?と不安に思う人もいます。

大事な我が子の事だからこそ、心配になるかと思います。

赤ちゃんの頭が大きい事にはいくつかの理由があります。

そこで赤ちゃんの頭が大きい理由についてまとめました。

病気以外にも理由はあるので、どうして赤ちゃんの頭が大きいのか考えてみましょう。

さらに頭が大きい赤ちゃんは頭が良くなる証拠という噂もあります。

どうして頭が良くなる証拠と噂されているのか考えてみましょう。

 

【スポンサーリンク】

頭が大きいって基準は?

赤ちゃんは小さいのでとても可愛いです。

そんな赤ちゃんは身体と頭のバランスを比べると、頭が大きく見えがちです。

頭が大きく見えがちなので、心配になってしまう事もあるかと思います。

しかし頭の大きさは、成長と共に変化していきます。

特に1歳頃までは成長が活発です。

その為、今大きく感じても身体の大きさが成長していく事でバランスよくなっていきます。

ちなみに赤ちゃんの頭の大きさや身長、体重などは平均値が出されています。

健診などで測定してもらえるので、現在赤ちゃんが平均値なのか知る事ができます。

さらに母子手帳の後ろにも発達曲線というものが掲載されているかと思います。

その為、自宅でも計測して平均値なのか知る事ができます。

基準値内であれば特に問題はありません。

そして、もし基準値よりも大きくても多少であれば問題はありません。

 

遺伝も関係しています。

実は赤ちゃんの頭の大きさは遺伝が関係している事が判明しています。

その為、産まれてから頭が大きい赤ちゃんはお腹の中にいる時から頭が大きめの場合が多いです。

赤ちゃんの頭が大きくて不安に思っている人は、胎児の頃も大きかったのか確認してみましょう。

妊娠中の健診で受け取ったエコー写真を見る事で簡単に確認する事ができます。

エコー写真にはBPDやFL、FTAなどが書かれていると思います。

BPDは頭の大きさ、FLが太ももの骨の長さ、FTAが胸のあたりの大きさとなっています。

これらの大きさも赤ちゃんの週数によって平均値が出されています。

BPDに書かれている大きさが平均値内なのか調べてみましょう。

そして胎児の頃から頭が大きめの場合には、遺伝で頭が大きい可能性もあります。

両親や祖父母に赤ちゃんの頃に頭が大きめだった人がいないか確認してみましょう。

身近な親族に頭が大きめの人がいる場合には、遺伝の可能性が高いです。

しかし遺伝だったとしても、いつまでも頭が大きなままでいるわけではありません。

子どもはこれから先も成長をしていきます。

その為、頭の大きさよりも身体が大きくなってきます。

身体が大きくなってくる事で、頭の大きさも気にならなくなると思います。

現在は頭の大きさが気になるかもしれませんが、成長と共に目立たなくなると思うのであまり気にしないようにしましょう。

しかし頭の大きさが極端に大きかったり、突然大きく成長した場合には遺伝以外に何か原因があるかもしれません。

 

頭が大きな赤ちゃんは病気?

頭が大きいからといって病気であるとは言い切れません。

赤ちゃんの成長は活発なので、大きさはあっという間に変化します。

つまり現在、頭が大きいと感じても数か月後には大きく感じなくなっている場合もあります。

基準値の範囲内の場合には気にしないようにしましょう。

しかし、中には頭の大きさが大きい事で病気が発見できる場合もあります。

頭が大きい病気として知られているのは、水頭症硬膜下水腫などがあります。

基準値よりも大幅に大きい場合には、医療機関などに相談してみましょう。

そして、しっかりと検査をして病気が発見された場合には治療をするようにしましょう。

病気の他にも、自閉症やダウン症などの障がいが原因で頭が大きい子もいます。

しかし、自閉症やダウン症の子でも頭が大きくない子もいるので一概には言えません。

頭の大きさが極端に大きかったり、突然大きくなったなど気になる事がある場合には医療機関に相談してみましょう。

 

【スポンサーリンク】

頭が大きい子は頭が良くなる証拠!?

頭が大きいというのは、脳が発達しているという事です。

その為、頭が大きい子は頭が良くなるという噂があります。

しかし頭の大きさは賢さと比例しているわけではありません。

これはあくまでも噂です。

しかし、子どもにはたくさんの可能性が秘められています。

色々な事を経験する事で、たくさんの事を学んでいきます。

そして経験から学んでいった事はこれから先、生きていく上で色々な事に活用していきます。

つまり頭の大きさよりも、多くの経験を積む方が賢くなる可能性が高いのです。

頭が大きいから賢くなる証拠というわけではないので、子どもに多くの事を経験させてあげましょう。

そしてたくさんの知恵をつけられるようにサポートしていきましょう。

 

頭の大きな赤ちゃんのまとめ

赤ちゃんの頭が大きいと感じる場合には、いくつかの原因があります。

その原因とは成長の過程、遺伝、病気や障がいなどがあります。

つまり頭が大きい子は必ず病気や障がいがあるというわけではないです。

頭の大きさには遺伝や成長なども深く関係しています。

基準値内であれば問題はないので深く考えないようにしましょう。

しかし頭の大きさが極端に大きかったり、突然大きくなったなどある場合には原因を調べた方が良いと思います。

もし気になる事がある場合には医療機関へ相談するようにしましょう。

そして検査を受けて原因を発見してもらうようにしましょう。

さらに噂では頭が大きいのは頭が良くなる証拠と言われています。

頭が大きいと脳が発達しているように感じるので、賢くなるような感じがします。

しかし頭の良さと大きさは関係していません。

頭の良さは大きさよりも、小さい頃からの経験が深く関係していると言われています。

子どもに色々な事を経験させる事で、たくさんの事を学んでいきます。

その経験から学んだ事が知恵となる為、賢くなりやすいのです。

子どもは多くの可能性を秘めています。

色々な事を経験させてあげるようにサポートしていきましょう。

【スポンサーリンク】

こちらの記事も読まれています。