赤ちゃんの鼻づまりを解消してあげたい。寝苦しそうな時の対処法はあるの?





赤ちゃん,鼻づまり,解消,寝苦しい,対処法

 

赤ちゃんは風邪を引いた時などすぐに鼻水が出ます。

そして、その鼻水が原因で鼻づまりを起こしてしまう場合もあります。

鼻づまりを起こしてしまう事で、赤ちゃんは息苦しさを感じてしまいます。

特に夜間は、息苦しさが原因で寝苦しい夜を過ごす事になってしまう場合もあります。

側にいるお母さんは寝苦しい様子の赤ちゃんを見るのは辛いので、鼻づまりを解消してあげたいと思うものです。

そこで、赤ちゃんの鼻づまりを解消する対処法についてまとめました。

赤ちゃんが寝苦しそうにしている時には対処法を実践して、鼻づまりを解消してあげましょう。

 

【スポンサーリンク】

赤ちゃんの鼻づまりの原因

赤ちゃんは風邪を引いた時などに、鼻づまりを起こしやすいです。

これは赤ちゃんの鼻の中が狭いからこそ、起きやすい症状です。

風邪を引いた時には身体の中からウイルスを追い出そうとする為、自然と鼻水が出てきます。

しかし鼻水を上手く出す事が出来なかったり、鼻水が粘液性のものだった場合には排出するのが難しい為、鼻づまりを起こしてしまうのです。

さらに赤ちゃんの身体は、健康を保つ為に普段から鼻水を分泌しやすくなっています。

そして分泌された鼻水は吸い込んだホコリなどが絡んでしまう事で、鼻くそが出来やすい状態となっています。

その鼻くそが原因で鼻づまりを起こしてしまう赤ちゃんもいます。

赤ちゃんは、まだ鼻をかんだりする事が出来ません。

その為、赤ちゃんが鼻づまりを起こしてしまっている場合には、両親が改善をしてあげる必要があります。

鼻づまりを起こして苦しそうにしている時には正しい対処法を行って、改善してあげるように心掛けましょう。

 

鼻づまりを起こしている時に行える対処法

赤ちゃんは鼻づまりを起こしやすいです。

その為、息苦しそうにしている時があります。

そんな時に行える対処法は、いくつか存在します。

1つ目の方法は、鼻水吸引器を使用する事です。

鼻水吸引器はベビー用品店で購入する事が可能となっています。

誰でも簡単に赤ちゃんの鼻づまりを解消する事が出来るのでオススメのアイテムとなっています。

そんな鼻水吸引器には、手動と自動の2種類が存在します。

自動の鼻水吸引器は大きな音がするものも存在します。

大きな音がしてしまう事で恐怖を感じて泣き出してしまう赤ちゃんもいます。

事前にどれぐらいの音がするのかなど調べておく事をオススメします。

そして使いやすさや値段などを考えて、購入されると良いかと思います。

 

2つ目の方法はティッシュでこよりを作る事です。

これは鼻水吸引器がないけど、すぐに鼻づまりを解消してあげたい場合などに行える方法となっています。

やり方は簡単で、ティッシュを細長く切ってこよりを作ります。

そして赤ちゃんの鼻から優しく入れてくしゃみを促します。

くしゃみが出る事で、詰まっていた鼻水を出す事が出来ます。

短時間に何度も行ってしまうと、くしゃみの出過ぎで赤ちゃんが疲れてしまいます。

やり過ぎないように注意しましょう。

 

そして鼻づまりの原因が鼻くそだった場合には、赤ちゃん用のピンセットを使用する事で鼻づまりを解消する事が出来ます。

赤ちゃん用のピンセットは先端が丸く加工されているので、安全に使用する事が出来ます。

先端が尖ったピンセットでは行わないようにしましょう。

そしてピンセットを使用する場合には、奥に入れ過ぎてしまう事で鼻の中を傷付けてしまう可能性もあります。

奥まで入れ過ぎないように注意しましょう。

 

【スポンサーリンク】

寝苦しそうにしている時に行える対処法

夜間に鼻づまりを起こしてしまった場合には、寝苦しさから目が覚めてしまう赤ちゃんもいます。

そして寝苦しさは不快感を伴うので、不機嫌になってしまう赤ちゃんもいます。

そんな赤ちゃんの様子を見ていると、心配になってしまうものです。

夜間に鼻づまりを起こしてしまった場合に行える対処法はいくつかあります。

もし赤ちゃんが鼻づまりで寝苦しさを感じてしまった場合には実践してみましょう。

まず夜間に鼻づまりが起きてしまう場合には、部屋の空気が乾燥している事が多いです。

その為、部屋の乾燥を改善する事で赤ちゃんの鼻づまりを改善する事が出来ます。

加湿器を利用して部屋の乾燥を改善しましょう。

その他には、赤ちゃんの鼻の血行を良くする事で鼻づまりを改善する事が可能となっています。

鼻の血行を良くする為に1番オススメの方法は入浴なのですが、夜間に鼻づまりを起こしてしまった時に入浴をするのは無理があります。

そんな時にオススメなのが蒸しタオルです。

蒸しタオルで鼻の下を温める事で、血行を良くする事が出来ます。

さらに蒸気で鼻の中に固まってしまった鼻水を柔らかくする事が出来ます。

つまり鼻水が柔らかくなる事で鼻水を出しやすくなるのです。

鼻づまりで寝苦しそうにしている場合には、これらの方法を試してみましょう。

 

鼻づまりが続く場合

赤ちゃんの鼻づまりの原因は、鼻水や鼻くそです。

鼻水吸引器などを使用する事で鼻づまりを解消する事は出来ます。

しかし鼻水が長く続いたり、発熱などの他の症状が現れたりした場合には病院を受診する必要があります。

そして、ただの鼻づまりだからと放っておいた場合には中耳炎を起こしてしまう可能性もあります。

中耳炎は痛みを伴うものなので、鼻づまり以上に苦痛を感じるようになってしまいます。

赤ちゃんに負担を掛けない為にも鼻づまりを悪化させない必要があります。

症状に変化はないか、赤ちゃんに普段と違った様子はないかなど観察を行うように心掛けましょう。

そして少しでも気になる点があった場合には、病院を受診するようにしましょう。

赤ちゃん,鼻づまり,解消,寝苦しい,対処法

 

赤ちゃんの鼻づまりを解消する方法のまとめ

赤ちゃんの身体は健康を保つ為に鼻水が出やすくなっています。

そして風邪を引いてしまった場合には、身体からウイルスを追い出す為にくしゃみや鼻水が出やすくなります。

そんな赤ちゃんの鼻水は、鼻づまりの原因となるものです。

さらに鼻水は、鼻から吸い込んだホコリと絡む事で鼻くそが出来ます。

この鼻くそも鼻づまりの原因となるものなので、注意が必要となっています。

鼻水によって起きる鼻づまりは、鼻水吸引器を使用する事で改善する事が出来ます。

鼻水吸引器には自動と手動の2種類がある為、どちらが良いのか考えてから購入するようにしましょう。

そして鼻水吸引器がない場合には、ティッシュで作ったこよりを利用して赤ちゃんのくしゃみを促す事で鼻水を出しやすくする事が出来ます。

しかし短時間に何度もくしゃみを促した場合には、赤ちゃんは疲れてしまいます。

やり過ぎには注意しましょう。

そして夜間に鼻づまりが起きた場合には、寝苦しさを感じて赤ちゃんが起きてしまう場合があります。

そんな時には加湿器を使用して室内の乾燥を改善したり、蒸しタオルで赤ちゃんの鼻の下を温める事で鼻づまりが落ち着く事もあります。

鼻づまりで寝苦しそうにしていた場合には実践してみましょう。

しかし鼻づまりの症状が長引く事で中耳炎を起こしてしまう可能性もあります。

鼻づまりの症状が悪化した場合や他の症状が現れた場合には、すぐに病院を受診するようにしましょう。

【スポンサーリンク】

こちらの記事も読まれています。