赤ちゃんのイヤイヤ期はいつまで?ストレスママが一緒に乗り越えるコツとは?

スクスク子育て知識





赤ちゃん,イヤイヤ期,いつまで,ストレス,ママ,乗り越える,コツ

 

育児を行っていると様々な事で悩む時期があります。

ママが悩む時期の1つに、赤ちゃんのイヤイヤ期があります。

イヤイヤ期は赤ちゃんが何でも「イヤ」と拒否や反抗をする時期です。

今までは拒否などをしなかった赤ちゃんが、拒否や反抗をする事でママはストレスを感じるようになります。

そして、イヤイヤ期の時期はいつまでなのか分からない事で更にストレスを感じてしまうのです。

そこでイヤイヤ期はいつまで続くのかについてまとめました。

イヤイヤ期で悩んでいる場合には参考にしてみてください。

そしてイヤイヤ期を乗り越えるコツについてもまとめました。

乗り越えるコツを知って、上手にイヤイヤ期を乗り越えてみましょう。

 

【スポンサーリンク】

イヤイヤ期とは?

イヤイヤ期とは何に対しても「イヤ」と拒否や反抗をする時期の事です。

個人差はあるのですが、1歳半頃から言葉で拒否をし始める場合が多いようです。

言葉で「イヤ」と拒否をするようになると、何に対しても拒否や反抗をするようになります。

その為、どうやって関わってあげたら良いのか分からなくなってしまいます。

中には、言葉を話せない時期から泣いたり、怒ったりして拒否や反抗をする赤ちゃんもいます。

離乳食が始まった時期に、初めての食材や苦手な食材の時に渋い顔をしたり、出してしまうのもイヤという拒否反応の1つです。

つまり言葉での拒否や反抗よりも前に、態度や行動でイヤイヤ期が始まっているのです。

 

イヤイヤ期はストレスいっぱいです!

今までは赤ちゃんだった為、ママの言う事やお願いに対して「イヤ」と拒否や反抗をする事がありませんでした。

しかし、成長するに従って赤ちゃんも自我が芽生えてきます。

その結果、「イヤ」と拒否をするのです。

つまり、イヤイヤ期は自我が芽生えてきた証でもあるのです。

しかし何に対しても「イヤ」と拒否される事で、ママはストレスを感じてしまいます。

そして、その拒否や反抗は外出をしている時でも起こります。

つまり、どこで何をしていても拒否や反抗をされてしまうのです。

その結果、遊びに行く事やお買い物が苦痛になってしまうママも少なくないです。

そして外出が苦痛になってしまう事で、家にこもりがちになってしまう人もいます。

家にこもりがちになってしまうと、余計にストレスを感じやすくなってしまうのです。

つまり、イヤイヤ期はママのストレスが溜まりやすい時期となっています。

しかしストレスを感じているのはママだけではありません。

実は反抗している赤ちゃんも思い通りにならない事でストレスを感じているのです。

つまり、イヤイヤ期はママも赤ちゃんもストレスを感じる時期なのです。

赤ちゃん,イヤイヤ期,いつまで,ストレス,ママ,乗り越える,コツ

 

イヤイヤ期はいつまで続くの?

イヤイヤ期は何に対しても「イヤ」と拒否や反抗をします。

そして、その拒否や反抗はどこに居ても、何をしていても起こります。

その為、ママはストレスを感じてしまいます。

そんなイヤイヤ期は、一般的に2歳頃にピークとなります。

つまり1番ストレスを感じやすい時期は2歳頃かと思います。

そして、イヤイヤ期は3〜4歳頃になると落ち着く子が多いです。

これは言葉を色々覚えて、自分の気持ちを言えるようになるからこそ「イヤ」という拒否や反抗が減る為です。

しかしイヤイヤ期の始まりが1歳半頃という事を考えると、終わるまでが長く感じるものです。

今現在イヤイヤ期で悩んでいる場合には、どうしたら良いか悩んでしまうかと思います。

そんなイヤイヤ期は、乗り越えるコツがあります。

イヤイヤ期が終わるまで上手に乗り越えるようにしましょう。

 

【スポンサーリンク】

イヤイヤ期を乗り越えるコツ

イヤイヤ期はストレスが溜まるのでママも余裕がなくなってしまいます。

その為、子供もママも辛い思いをする時期となっています。

しかし、そんな辛い時期も乗り越えるコツを掴む事で少しでも苦痛を緩和する事ができます。

まず1番大事な事は、ママの心に余裕を作る事からです。

子供は敏感なので、ママの心に余裕がない事やイライラしている事を感じ取ります。

そしてママのイライラを感じ取ってしまう事で、子供もイライラしてしまう場合が多いです。

子供がイライラしてしまう事でイヤイヤ期は悪化してしまうケースもあります。

こうなると悪循環が起きてしまうのです。

悪循環を起こさない為にも、ママの心に余裕を作る事は大事なのです。

ママの心に余裕を作るには、子供から離れてゆっくりと過ごす必要があります。

パパや家族に頼める場合には子供を預かってもらって、休む時間を作ってみましょう。

もし頼めない場合には、一時保育などを利用して1人の時間を作るようにしましょう。

そして1人の時間を過ごしている時には、リフレッシュするように心掛けましょう。

 

次に大事なのは、子供に対する接し方を変える事です。

毎日、「イヤ」と拒否や反抗されるとママの心に余裕はなくなってしまいます。

その為、子供に対してイライラした態度で接してしまっている場合もあります。

まずは普段、子供に対してどのように接しているか振り返ってみましょう。

そして、もしイライラした態度で接してしまっている場合には少しでも穏やかに接するように心掛けましょう。

少しずつ子供も落ち着いてくると思います。

イヤイヤ期は、どんな子も必ずやってきます。

言葉が出てくるようになると少しずつ落ち着いてくるので、時間が経つのを待ちましょう。

ストレスも溜まると思いますが、イヤイヤ期は成長している証だと考えるようにしましょう。

 

赤ちゃんのイヤイヤ期まとめ

イヤイヤ期は何に対しても「イヤ」と拒否や反抗する時期の事です。

そんなイヤイヤ期は個人差があるのですが、1歳半頃から始まります。

そして2歳頃になるとピークを迎えます。

何に対しても拒否や反抗をするので、ママは疲れてしまったりストレスを感じてしまいます。

しかし、イヤイヤ期を迎えている子供もストレスを感じているのです。

イヤイヤ期は親子共に苦しい時期なのですが、子供に自我が芽生えているからこそのものです。

上手に親子で乗り越えていくようにしましょう。

イヤイヤ期を乗り越えるには、ママのストレスを上手に発散する事が大事です。

1人の時間や好きな事をする時間を作って、リフレッシュするように心掛けましょう。

リフレッシュした後には、ママの心に余裕が生まれていると思います。

そして余裕ができると、子供に対して穏やかに接する事ができるようになります。

ママが穏やかに接していく事で少しずつ落ち着く子も居るので、穏やかに接するように心掛けましょう。

イヤイヤ期は子供の自我が芽生えた証です。

成長しているんだと考えるようにしましょう。

そしてイヤイヤ期は言葉が出てきたり、ママの言っている事を理解できるようになってくると落ち着いてきます。

3〜4歳頃に落ち着く子が多いです。

落ち着くまでは長いと感じるかもしれませんが、リフレッシュしながら上手に乗り越えましょう。

【スポンサーリンク】

こちらの記事も読まれています。