鳥インフルエンザは人に感染するとどんな症状が出るの?感染しないための対策は?





鳥インフルエンザ,人に感染,症状,対策

 

冬になると寒くなったり、空気が乾燥してきます。

その為、風邪やインフルエンザなどに感染しやすい時期になります。

この時期に流行するインフルエンザは、人から人へ感染するものです。

インフルエンザを予防する為に、ワクチンを接種している人も多いかと思います。

しかし、インフルエンザの中には「鳥インフルエンザ」というものも存在します。

この鳥インフルエンザは、鳥から鳥へ感染するものとされてきました。

その為、人に感染する可能性はほぼないと言われてきました。

しかし鳥インフルエンザは、いつか人に感染するものになってしまう可能性があります。

そこで鳥インフルエンザに感染してしまった場合に、起きる可能性のある症状についてまとめました。

鳥インフルエンザの症状を理解して、危険性を知っておきましょう。

そして、感染をしない為に行える対策についてもまとめました。

対策を行って感染の予防をしましょう。

 

【スポンサーリンク】

鳥インフルエンザとは?

寒い季節になると空気が乾燥してくる為、風邪やインフルエンザなどが流行しやすくなります。

特にインフルエンザは毎年、猛威を奮っているのでワクチンを接種している人が多いかと思います。

そんなインフルエンザには、A型やB型といった種類が存在します。

その為、ワクチンは流行しそうな型を予想して作られています。

インフルエンザと聞くと、人間の間だけで流行していると思いがちです。

しかし、「鳥インフルエンザ」と呼ばれる鳥の間で流行するものも存在します。

今までのインフルエンザとは違う為、怖いと思う人もいると思います。

しかし中には、鳥同士でしか感染しないから大丈夫と思っている人もいます。

実は、鳥インフルエンザも場合によっては人に感染する危険性があるのです。

その点をしっかりと理解をして、感染しないように注意しましょう。

 

人に感染する可能性があるの!?

鳥インフルエンザは、鳥の間で感染するインフルエンザとして知られています。

養鶏所などで1匹のニワトリから集団感染を起こして、多くのニワトリが亡くなってしまった事を覚えている人も多いかと思います。

そんな鳥インフルエンザは人への感染や人から人への感染はほぼないとされています。

しかし、絶対に大丈夫とは言い切れないのです。

というのも、インフルエンザなどのウイルスは変異を起こす場合があるからです。

鳥インフルエンザが変異を起こして、鳥から人へ、人から人へ感染する型になってしまった場合には、人にも感染してしまう可能性があるのです。

しかし多くの人は鳥インフルエンザに感染した事がありません。

その為、人間は鳥インフルエンザに対しての免疫や抗体がないのです。

その事から感染してしまった場合には、危険性が高いと考えられているのです。

 

【スポンサーリンク】

人に感染した場合に起きる症状

鳥インフルエンザは人への感染はほぼないとされています。

しかし今後、人から人へ感染する型に変異してしまう可能性はあるのです。

では、もし人に感染してしまった場合にはどのような症状が起きるのでしょうか。

感染してしまった場合にすぐに気が付けるようにする為に、知識を身につけておきましょう。

まず、鳥インフルエンザに人が感染してしまった場合には、流行するようなインフルエンザと似たような症状が現れます。

その為、発熱や関節の痛み、寒気、頭痛や吐き気、倦怠感を感じる場合が多いそうです。

しかし鳥インフルエンザは、流行するインフルエンザよりも症状の進行が早いと言われています。

もしインフルエンザの症状が出現した場合には体調の変化に注意するように心掛けましょう。

そして症状が悪化してしまった場合には、死に至るケースもあります。

身体に異常を感じた場合には、すぐに病院を受診するように心掛けましょう。

 

感染しない為に行える対策

鳥インフルエンザが人へ感染してしまう事はほぼないとされています。

しかし鳥インフルエンザのウイルスが変異を起こした場合には、鳥から人への感染や人から人への感染が起きてしまう可能性があります。

ところが鳥インフルエンザはワクチンが作られていない為、予防を行うのが難しいとされています。

その為、普段からインフルエンザなどのウイルスを体内に取り込まないように予防を行う必要があります。

外出する際には、マスクを着用して感染対策を行いましょう。

そして帰宅した際には、手洗いやうがいを行うように心掛けましょう。

もし可能であれば人が多い場所への不要な外出は避けた方が良いです。

これらの対策を行う事で、流行しやすいインフルエンザも予防する事が可能となっています。

さらに鳥インフルエンザへの対策を行う場合には、これらの対策に加えて鳥類に近寄らないようにする必要があります。

特に子供の場合には、外で見つけた鳥に近づこうとします。

鳥インフルエンザのウイルスを保有している可能性もある為、近寄らせないように注意しましょう。

そして、もし倒れてしまっている鳥を見つけた場合には触らないようにしましょう。

もし鳥インフルエンザのウイルスを保有していた場合には、多くの鳥や人に感染を起こしてしまう危険性があります。

発見した場合には役所に連絡をするようにしましょう。

鳥インフルエンザ,人に感染,症状,対策

 

鳥インフルエンザは人に感染するとどうなるのまとめ

鳥インフルエンザは、現時点では鳥から人へ、人から人への感染はほぼないとされています。

しかしインフルエンザには数種類の型が存在するのですが、その型は変異を起こす場合があります。

そして変異を起こしてしまった場合には、人へ感染するような型になってしまう可能性があるのです。

しかし人は今まで鳥インフルエンザに感染した事がありません。

その為、鳥インフルエンザに対しての抗体や免疫が存在しないので感染してしまった場合には重篤化する可能性もあるのです。

現在は鳥インフルエンザに対して効果のあるワクチンはありません。

つまり感染しないように普段から気を付ける必要があるのです。

鳥インフルエンザに感染しない為には、普段からウイルスを体内に取り込まないように注意する必要があります。

外出する際にはマスクを着用するように心掛けましょう。

そして外出から帰宅した際には手洗い、うがいを行いましょう。

さらに鳥類に近寄らないように気を付ける必要があります。

特に子供は可愛いからと鳥類に近付きたがります。

もし鳥インフルエンザの菌を保有していた場合には、危険があるので近寄らせないように注意しましょう。

そして、もし倒れてしまっている鳥を見つけた場合には近寄ったり、触ったりしないようにしましょう。

今後、鳥から人へ感染するような型に変異してしまう可能性もある為、注意しながら生活するように心掛けましょう。

【スポンサーリンク】

こちらの記事も読まれています。