明日葉の栄養効果や美味しい食べ方とは?ダイエットにオススメだけど副作用はないの?

みんな生きてる動物・植物知識





明日葉,栄養,効果,食べ方,ダイエット,副作用

 

明日葉の栄養効果をご存知ですか?

明日葉は植物としてはおなじみですが、食用としてはあまり聞きなれないかもしれません。

そんな明日葉に近頃、栄養効果に注目が集まっていますが、食べ方がよくわからない…、副作用が気になる…という方も多いと思われます。

明日葉が豊富に含まれる商品といえば青汁ですが明日葉自体の栄養はどのような効果があるのでしょうか。

ダイエット効果や副作用についてもご説明していきます!

 

【スポンサーリンク】

明日葉の基礎知識

明日葉は八丈島に自生する植物です。

明日葉(あしたば)と呼ばれる由来は芽を摘むぎ取っても1週間以内に新芽をのぞかせるという生命力が強いことから、そう名付けられました。

観葉植物としても育てられますし、温度管理と殖え過ぎに注意をすれば食用として育てることも可能です。

 

明日葉の栄養とその効果について

明日葉は高栄養素があることで有名です。

  • 明日葉に含まれる栄養素(100gあたり)

・食物繊維/1.5g → 便秘の解消を促す

・カルシウム/65mg → 骨を強化する

・鉄分/1.0mg → 貧血の予防

・カリウム/540mg → 老廃物を排出しむくみを解消する

・Ᏸ−カロテン/3700u → がん予防、循環器に関する病の予防

・ビタミンA/2100u → 高酸化作用、がん予防

・ビタミンc /55g → 免疫力を高める

・リン/65mg → 骨を強くする

・ビタミンb1/0.1mg → 疲労回復効果

・ビタミンb2/0.24g → 生活習慣病の予防

明日葉の栄養素の特徴

明日葉に含有される栄養素のなかでも、食物繊維・カルシウム・リン・カリウム・Ᏸ−カロテン・ビタミンA・ビタミンcは特に含まれています。

食物繊維・リン・ビタミンb2・は他の野菜よりも、含まれている割合がはるかに高いです。

また、明日葉には他の植物には含まれていないビタミンb12が含まれています。

ビタミンb12は造血作用があり鉄分とダブルで貧血を防止する効果があります。

また、明日葉の茎を折った際に出る黄色い汁はカルコンという物質で他の植物にはあまり含まれていません。

このカルコンにはガンの抑制やHIVウイルスに効果的という研究が進んでいます。

 

【スポンサーリンク】

明日葉のダイエット効果について

明日葉にはダイエット効果もあります。

ただし、ダイエット効果といっても完璧に痩せるというわけではありません。

明日葉は食物繊維カリウムが豊富なのでお通じを解消しながら老廃物の排出を促し、むくみを解消するというダイエット効果があります。

体重の減量というよりは、体を引き締める効果があるというわけですね。

体だけではなく肌のたるみやむくみにも効果的です。

 

明日葉の副作用について

明日葉は様々な栄養素が含まれていますが、中には一日に摂取制限のあるものもあります。

カリウム・ビタミンA・ Ᏸ−カロテンは過剰摂取することにより却って肝機能に悪影響が出ることもあります。

現段階の研究では“明日葉の青汁商品”には副作用がないとうたっているものもありますが念の為、明日葉の飲みすぎ・食べ過ぎには気をつけてください。

 

明日葉の食べ方について

明日葉の味は独特の風味と苦味があります。

美味しくいただくには天ぷらやマヨネーズを和えたおひたしがオススメです。

お味噌汁にも合いますよ。

ただ、含まれている栄養素の中には水に溶けるもの・加熱に弱いものがあるため、効果を重視するなら好き嫌い分かれますがスムージーにしていただくのがオススメです。

 

明日葉で健康的な毎日を!

明日葉には高栄養素が含まれているので、是非習慣的に摂り入れていきたい植物です。

ダイエット効果は緩やかに減量できますが高栄養素のわりには美容にも良く、むくみも解消できます。

是非、毎日の食卓に摂り入れてみてくださいね!

【スポンサーリンク】

こちらの記事も読まれています。