エアコン掃除でカビの除去はどのくらいの頻度で掃除をすると効果的なの?〜





エアコン,掃除,カビ,除去,頻度,効果的

 

過ごしにくい季節に入るとエアコンが活躍します。

しかし、エアコンも内部を掃除しないとカビが発生してしまいます。

カビが発生してしまう事で、身体に異変が起きてしまう可能性があります。

そこでエアコンのカビを除去する方法についてまとめました。

効果的な掃除を行って内部のカビを除去しましょう。

そしてエアコン内部の掃除は定期的に行う必要があります。

そこでどのくらいの頻度で掃除をすると効果的なのかについてもまとめました。

身体に異常を生じさせない為にも、理想の頻度に合わせてエアコンの掃除を行うように心掛けましょう。

 

【スポンサーリンク】

エアコンの掃除をしないと起きる異変

エアコンは室内の温度を快適にしてくれるので、過ごしにくい季節になると活躍します。

しかし定期的に掃除を行わないと、エアコンの内部は汚れてきます。

そして汚れるだけでなく、カビが発生してしまう場合もあります。

カビが発生してしまうと、エアコンを使用した時に汚い空気が出てくるようになります。

しかし空気は目に見えないものです。

その為、気付かないうちに汚い空気を身体の中に取り込んでしまいます。

汚い空気を身体に取り込んでしまう事で、身体に異変が起きてしまいます。

その異変とは目のかゆみ、鼻水やくしゃみなどがあります。

これらはアレルギーのような症状なのですが、その症状が慢性化してしまい喘息や肺炎を引き起こしてしまう可能性もあります。

つまりエアコンの掃除を行わない事で、病気になってしまう場合もあるのです。

 

エアコンの掃除を行う時期はいつ?

エアコンの掃除はいつ行えば良いのか悩んでしまうかと思います。

実はエアコンを掃除する時期には、おすすめの時期があります。

その時期とはです。

エアコンを1番使う時期は夏かと思います。

その1番使う時期に綺麗な状態で使いたい場合には、春に掃除をする事をおすすめします。

そして夏にたくさん使った後に一気の掃除をしたいと考えている場合には秋がおすすめです。

春と秋の両方に掃除を行うと、綺麗な状態を維持できるかと思います。

その為、可能であれば春と秋の両方に掃除をするのがベストです。

エアコンの掃除を業者に依頼する場合には、夏の1番使用する時期が混んでいます。

その為、なかなか予約が取れない事が多いです。

春や秋は比較的、予約を取りやすいのです業者に依頼する人にもおすすめです。

それらの事を考えても春や秋に掃除をする事をおすすめします。

 

エアコンの掃除をする頻度は?

エアコンを掃除する場合には、春や秋がおすすめと書きました。

しかし、エアコンの内部には掃除を出来る部品がいくつ存在します。

場所によっては気軽に掃除する事ができるので春や秋以外にも行えます。

まずエアコンの内部にはフィルターと呼ばれている部位があります。

この部位は家庭で簡単に掃除ができるように作られています。

その為、頻繁に掃除をする事をおすすめします。

2週間に一度は掃除すると良いかと思います。

エアコンの種類によっては自動で綺麗に掃除をしてくれるタイプもあります。

その場合には、掃除を自動でしてくれているから大丈夫と思っている人もいるかと思います。

しかし、この機能はあくまでも補助的なものです。

綺麗な状態を維持する為にも、ご自身でもフィルターの掃除をする事をおすすめします。

そしてフィルターの奥は、掃除をするのが大変な部分となっています。

エアコンを使用した際に、臭いと感じる場合にはこの奥の汚れが原因の場合が多いです。

臭いやカビを発生させない為にも、2〜3年ぐらいの間隔で掃除を行う事をおすすめします。

 

【スポンサーリンク】

エアコンの掃除は自分で出来るの?

エアコンの掃除はフィルターだったら気軽に掃除する事ができるのですが、内部の掃除は手間が掛かるので難しいと感じるかと思います。

しかし、家庭でも掃除を行う事は可能です。

エアコンの種類によっては掃除の方法が変わってくるので、まずは購入した際の説明書を読んでみましょう。

そして内部を掃除をする際に用意するものは掃除機、洗浄液、拭き取りの布、床の汚れを防ぐためのレジャーシートなどです。

掃除を行う際のコツは、洗浄液を均等に吹き付けて汚れを落とす事です。

しかし洗浄液が残っていると、故障の原因となってしまう可能性があります。

洗浄液はしっかりと拭き取るようにしましょう。

そして掃除が終わった後には、1時間以上送風機能を使って内部を乾燥させる必要があります。

しっかりと乾かさないとカビを発生させる原因となってしまいます。

注意しましょう。

エアコンの内部の掃除は家庭でも行う事ができるのですが、用意しなくてはいけないものが多かったり、手間が掛かってしまいます。

それらの事を考えると、業者に依頼する方が短時間で綺麗にしてもらえるのでおすすめです。

さらに予約を取りやすい時期には、掃除の値段を値下げしているキャンペーンを行っている業者もあります。

近場の業者について調べてみてください。

そして定期的な掃除以外にも、普段から乾燥を行うなどしてカビや汚れを予防してみましょう。

 

エアコンの掃除についてのまとめ

過ごしにくい季節になるとエアコンが活躍します。

しかしエアコンの内部は掃除を行わないと、カビなどで汚れてしまいます。

エアコンの内部が汚れてしまうと、エアコンを使用した際に臭い場合があります。

さらにエアコンの内部にカビが発生してしまった場合には、そのカビが原因で目のかゆみやくしゃみ、鼻水などの症状が起きてしまう事があります。

くしゃみや鼻水などが慢性化する事で、喘息などの病気を引き起こしてしまう可能性があります。

病気にならない為にも、定期的に掃除を行うようにしましょう。

そして掃除を行う季節でおすすめなのが、春と秋です。

頻繁に使用する前に綺麗にしたい場合には春、使用した後に綺麗に掃除したい場合には秋に掃除をする事をおすすめします。

そしてエアコンの内部は簡単に掃除できるフィルターや手間が掛かる内部と分かれています。

掃除をしやすいフィルターは2週間に一度掃除をするように心掛けましょう。

そして掃除をする手間がある内部に関しては、2〜3年に一度掃除をする事でカビなどを防ぐ事が可能です。

エアコンの内部の掃除は、手間や時間がかかるので家庭で行う場合には大変かと思います。

しかし家庭で行いたい場合には、説明書をよく読んで行うようにしましょう。

そして故障やカビを防ぐためにも洗浄液の拭き取りや内部の乾燥はしっかりと行うようにしましょう。

家庭で行うのが難しい場合には、エアコンの掃除を行っている業者に依頼してみてください。

身体に異変を起こさない為にも、エアコンの内部は綺麗に保つように心掛けましょう。

【スポンサーリンク】

こちらの記事も読まれています。