プラスチックについた接着剤をきれいに剥がす方法とは?お湯や除光液を使ってみよう

意外と知らない生活知識





接着剤,剥がす方法,プラスチック,お湯,除光液

 

接着剤を使用している時に、プラスチックについてしまった経験がある人もいるかと思います。

接着剤がプラスチックについてしまった場合には、なかなか取れなかったり、汚くなってしまって困ってしまう事があります。

そんなプラスチックについてしまった接着剤は、お湯や除光液を使用する事で綺麗に剥がす事ができます。

そこでお湯や除光液を使用して、プラスチックについてしまった接着剤を剥がす方法についてまとめました。

プラスチックに接着剤がついてしまって困っている場合には、剥がす方法を試してみてください。

 

【スポンサーリンク】

接着剤がプラスチックについてしまった!

接着剤を使用している時には、手やくっつけるもの以外についてしまった時が困るので慎重に使用するように心掛けていると思います。

しかし、慎重に使用していても手や他のものについてしまって困った経験をした事がある人もいるのではないでしょうか。

手についてしまった場合には剥がし液を使用する事ができるのですが、プラスチックについてしまった場合には使用できない場合もあります。

プラスチックに剥がし液が使用できない理由は、剥がし液に使用されている成分がプラスチックを変色させたり、変形させてしまう可能性があるからです。

しかし、不要なところに接着剤がついてしまっていると汚く見えてしまいますし、どうにか綺麗に落としたいと思ったりすると思います。

そんなプラスチックについてしまった接着剤は、除光液やお湯を使用して落とす事が可能です。

プラスチックについてしまって困っている人は試してみましょう。

 

除光液を使用した落とし方

プラスチックについてしまった接着剤は除光液を使用する事で落とす事ができます。

用意するものは、除光液コットンです。

除光液を使用する際は、換気を行いながら使用するようにしましょう。

まず除光液でコットンを湿らせます。

そして、接着剤がついてしまった場所に湿らせたコットンを乗せます。

このまま5分ほど待ちます。

こうする事で除光液に含まれている「アセトン」という成分が、くっついてしまった接着剤を剥がせるようにしてくれます。

様子を見ながら剥がしてみましょう。

しかし接着剤がついてしまったプラスチックによっては、除光液の成分によって変色してしまう可能性があります。

目立たないような部分で試してから行うようにしましょう。

 

お湯を使用した落とし方

接着剤がプラスチックについてしまった場合には、お湯を使用して落とせる事もあります。

使用するお湯は、熱湯ではなく42度くらいのお湯を使用します。

お湯の他に、接着剤がついてしまったプラスチックが入るぐらいの容器を準備すると便利かと思います。

まず、容器の中にお湯を溜めます。

もし接着剤がついてしまったプラスチックが入る程度の容器がない場合には、お湯をかけていきます。

この時、接着剤にお湯が馴染むように優しくこすってみましょう。

容器にお湯を溜めて行っている場合には、お湯が冷めてしまったら交換しながら行うようにしてみましょう。

しばらくお湯につけていると接着剤が柔らかくなってきます。

柔らかくなってきたら少しずつ剥がしてみましょう。

接着剤の種類によっては柔らかくなるまで時間がかかる場合もあります。

気長に行うように心掛けましょう。

そしてお湯を使用して接着剤を剥がす際には、お湯によってプラスチックが溶けてしまったり、変形してしまう可能性もあります。

様子を見ながら行うようにしましょう。

 

【スポンサーリンク】

綺麗に落とせなかった時の最終手段!

プラスチックに接着剤がついてしまった場合には、除光液やお湯を使用して剥がせる場合があります。

しかし、中には綺麗に剥がれなくて少し残ってしまう物もあります。

少し残ってしまう事で、余計に気になってしまうかと思います。

そんな時には、採取手段を行ってみてください。

準備するものは、サンドペーパーです。

目の粗いものと細かいものを用意してください。

最初は目の粗いサンドペーパーを使用して削っていきます。

この時、接着剤以外の部分を削らないように優しく行うように心掛けましょう。

そして接着剤をある程度削れたら、今度は目の細かいサンドペーパーで削っていきます。

優しく削っていく事で、徐々に目立たなくなっていきます。

サンドペーパーで削る事で細かい傷ができてしまうのですが、その場合にはコンパウンドで磨いて仕上げてみましょう。

傷の程度にもよりますが、目立ちにくくなります。

しかし、できる限り傷を作らない為にも優しくサンドペーパーで削るように心掛けましょう。

 

プラスティックについた接着剤をはがすについてのまとめ

接着剤を使用している時には、他のものや周りに付かないように気を付けているとは思います。

しかし、接着剤がプラスチックに付着してしまった場合には、剥がし液を使用できないので困ってしまう事があると思います。

そんな時には除光液やお湯を使用する事で剥がせる可能性があります。

除光液を使用する際には、換気を行いながら使用します。

除光液で湿らせたコットンを、接着剤が付着してしまった部分に乗せます。

そして5分ほど馴染ませてから、ゆっくりと剥がしてみましょう。

お湯で剥がす際には、42度程度のお湯を使用します。

接着剤が付着してしまった部分をお湯に浸けるか、お湯をかけていきます。

時間はかかるのですが、徐々に柔らかくなって剥がせるようになります。

しかし、除光液やお湯を使用する事でプラスチックが変色してしまったり、変形してしまう恐れがあります。

まずは目立ちにくい場所で試してから使用するようにしましょう。

そして除光液やお湯で綺麗に剥がせなかった場合には、サンドペーパーを使用する事で落とせる場合があります。

サンドペーパーを使用する際には、目の粗いものと細かいものの2種類を用意します。

そして、目の粗いサンドペーパーである程度削ってから、目の細かいサンドペーパーで削っていきます。

サンドペーパーを使用する際には、プラスチックに細かい傷ができてしまう可能性があります。

優しく削るように心掛けましょう。

そして細かい傷が目立つ場合には、コンパウンドで磨いてみましょう。

傷が目立ちにくくなる場合もあります。

プラスチックに接着剤がついてしまって困っている場合には試してみてください。

【スポンサーリンク】

こちらの記事も読まれています。