そろばんは何歳から始めると効果があるの?子どもも大人も脳科学的におすすめです

いつもニコニコ健康知識





そろばん,何歳から,効果,子ども,大人,脳科学

 

子どもがいる家庭の場合には、子どもの為になるような習い事をさせたいと思っているかと思います。

そして、子どもの為になるような習い事として人気なのがそろばんです。

そろばんは習っておく事で計算に強くなるので、大人になっても役に立ちやすいです。

計算に強くなる以外にも効果があるので人気のある習い事の1つです。

しかし、何歳から習わせたら効果があるのか分からずに悩んでしまうと思います。

そこで何歳から習ったら効果があるのかについてまとめました。

そして実はそろばんは大人にもおすすめのものとなっています。

これは脳科学的に考えた時におすすめなのです。

そこで大人がそろばんをやる事で得られる効果についてもまとめました。

参考にしてみてください。

 

【スポンサーリンク】

そろばんは人気の習い事

そろばんは色々な効果が得られるので、人気の習い事の1つとなっています。

一般的に知られている効果としてあるのは、計算に強くなるという事です。

計算に強くなると、学生の時には算数や数学が得意になります。

算数や数学などに強くなる事で、他の勉強も上手くいきやすくなる場合もあります。

そして社会人になった時には、効率よく仕事を行えるようになる可能性が高いです。

つまり、子どもが生きていく上で活かせるようなものを習わせてあげたいと思っている親御さんが多いのです。

 

何歳から習わせたらいいの?

子どもの将来の為にも、活かせる習い事をさせてあげたいと思っている親御さんは多いです。

そして活かせる習い事として人気なのがそろばんです。

しかし、そろばんは何歳から習わせるのが良いのか悩んでしまうと思います。

あまり早すぎても理解が難しいですし、大きくなりすぎてしまうと嫌がられてしまう可能性もあります。

そこで、そろばんを習い始める時期としておすすめなのが幼稚園の年長や小学生の低学年頃です。

この時期の子どもは習い事をしたいと言い始める事が多いです。

その為、そろばんを習わせる事を勧めやすい状態になります。

さらに子どもの友達も習い事を始める時期なので、そろばんを習い始める子もいます。

仲良しの子がそろばんを始める事で、一緒にそろばんを習いたいと言い始める場合もあります。

子どもに勧めやすい状態の時や子どもが習い事を始めたいと思い始めた時期に、習わせる事をおすすめします。

習い事としてそろばんを続けていくには、やる気が必要となってきます。

子どもがやる気を維持できるように、褒めていくなど工夫をしていきましょう。

 

そろばんで得られる効果

そろばんは習う事で計算に強くなるという効果が得られます。

しかし、これ以外にも得られる効果があります。

この得られる効果は子どもにとってプラスになるものばかりです。

まず1番大きく現れる効果は集中力が上がる事です。

そろばんを使って計算を行う事は集中力が必要となってきます。

その為、自然と集中力がついてきます。

そろばん以外の事にも集中して取り組めるようになるので、他の勉強や趣味などに対しても一生懸命取り組めるようになります。

そして集中力が上がる以外には、脳を鍛えられるという効果もあります。

日常生活を送っている時は、左脳が頻繁に使われています。

これは物事を論理的に考えて生活しなければいけないからです。

その為、左脳は鍛えられやすいです。

しかし、右脳を鍛えるには日常生活を送る以外の事を行う必要があります。

そんな右脳を鍛えられるのが、そろばんです。

右脳を鍛える事で書道や絵画などの芸術的な事で活かせるようになります。

つまり、勉強以外の面でも才能を伸ばす事ができます。

そろばんを習う事で、子どもの様々な能力を伸ばしてあげる事ができます。

子どもの能力は無限大なので、どんな才能を秘めているのか見付けてあげる事も重要となってきます。

子どもの秘められた才能を見つける為にもそろばんを習わせてみましょう。

 

【スポンサーリンク】

大人にもおすすめです

そろばんを習い事として始めるのは子どもというイメージがあります。

しかし、そろばんは大人にもおすすめのものとなっています。

そろばんは計算を行うので、頭で考えて行う必要があります。

その為、大人の衰えてしまいやすい脳を鍛える事ができます。

つまり、認知症などの予防としてそろばんを行っている大人の人が増えてきています。

計算を行える事で、脳が活性化されてくるので日常生活でもしっかりした状態で過ごす事ができるようになります。

そして、そろばんは頭で考えるだけでなく指先も動かします。

指先を動かして細かい作業をする事で、脳に良い刺激を与えます。

この刺激も、脳を活性化する重要なものとなっています。

つまり、そろばんを行う事で認知症などの予防になるのです。

しかし今までそろばんをやったことがない人もいると思います。

そんな人はそろばんを1からスタートする事で、新たな趣味へとなっていくかもしれません。

趣味を持つ事で、生活に潤いが加わるのでそろばんを趣味としてスタートさせてみてください。

独学で行うのが難しい場合には、そろばん教室を探してみてください。

大人の人の教室を行っているところもあります。

問い合わせてみましょう。

 

そろばん効果のまとめ

そろばんは計算に強くなるので、人気のある習い事となっています。

その為、子どもにそろばんを習わせたいと思っている親御さんが多いです。

そんなそろばんは、習い始める時期が難しいです。

早すぎても理解をするのが難しかったり、遅すぎても習うのを嫌がられてしまう可能性があります。

そこでおすすめな時期は、幼稚園の年長や小学校低学年頃に習わせる事です。

この時期になると習い事をしたいと言い始めたり、友達が習い事を始めたりするのでそろばんを勧めやすくなります。

子どもが楽しんで行えるように工夫していきましょう。

そして、そろばんは計算が強くなる以外にも得られる効果があります。

それは集中力が上がる事や右脳を鍛えられるという効果があります。

子どもの能力は無限大なので、伸ばしていくようにサポートしていきましょう。

そしてそろばんは、子どもだけでなく大人にもおすすめです。

そろばんは計算を行うので、脳を活性化してくれる効果があります。

そして指先も使うので、脳に刺激を与える事ができます。

大人がそろばんを行う事で認知症の予防をする事ができるので、趣味として始める事をおすすめします。

初めてそろばんを行う人の場合には、そろばん教室に通う事もおすすめです。

そろばんは子どもにも大人にもおすすめなものとなっているので、興味を持った人は始めてみてください。

【スポンサーリンク】

こちらの記事も読まれています。